習慣化をサポートするアプリ「Streaks」

Streaksいろいろなアプリを試しているので、iPhoneやiPadの中はアプリで溢れています。

もちろんインストールした全てのアプリを使っているわけではないのですが、その中でもいくつか残り、日常的に使っているアプリがあります。

そのひとつが、習慣化をサポートするアプリ「Streaks」です。

Streaksは、達成したいタスクを最大12個まで登録することができます。

タスクを完了したらStreaksに記録することで、一日の中でするべきタスクを明確にしていくことができます。

連続で達成できているタスクには数字が付きます。上の画面は私のStreaksに登録しているタスクの半分、6つが表示されていますが、例えば「体重記録・サプリを飲む」には40と記されているので、このタスクは40日連続で達成しているということになります。

ちなみに「ブログを書く」タスクは昨日の時点で130です。ブログの更新自体は年始から続けているので実際の数値はもっと高いのですが、アプリで記録を取り始めてからの記録になっています。

タスクごとに細かな設定ができるのも便利です。

例えば「日経の新聞を読む」というタスクは、一日の目標を4分割しています。

これは購読している日経関係の新聞が四紙あるので、四紙全てを読んで始めて一日の目標が達成できるようにしています。

このように、一つの目標をいくつかの段階に分けてすこしずつ消化していくことができるのも便利です。

ちなみに難点というか、このアプリを使う上での課題としては、自分で記録しないと未達成になってしまうというところ。

例えば「読書を30分する」というタスクについて、実際に時間を測りながら読書をすることは少なかったりしますし、目標を達成しようというよりもただ普通に本を読んでいることもあるので、逐一記録していないということがよくあります。

とはいえ、画面内に大きくタスクが表示でき、iPhoneとiPadどちらからでもタスクにチェックを入れられるところや、タスクを消化する時のちょっとしたアクションの気持ちよさなど、とても気に入って使っています。

習慣化関係のアプリでは一番長く使えているアプリだと思いますので、個人的におススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください