iPhoneやiPadの遅い動作を改善するメモリ解放アプリ

メモリ解放アプリ画面

先日「タブレットの反応が悪い原因は画面の汚れ?」を投稿しました。

自分の場合は主にiPadで新聞アプリを使っている時に動作がもっさりするのですが、画面を綺麗に吹くと改善することがありました。

しかし、画面を綺麗にしていても画面の動作が鈍くなることがあり、また困っていました。

何かよい方法はないかなと考え、そこで思いついたのがメモリ解放。

よくよく考えるとPCの動作が鈍い時にはメモリ解放ソフトを使って改善することがあるので、iPadでも同じようなものはないかなとApp Storeで探してみたところ、希望に近いアプリがいくつかありました。

その中で試してみたのが節電バッテリーマニアというアプリです。

このアプリではバッテリーや容量の確認のほか、メモリを解放する機能も備わっています。

メモリのメニューを開くと、今どのくらい空きメモリがあるかがわかります。冒頭の画像では空きメモリは5%とかなり少ない状態なのがわかります。たしかにこの時は動作が鈍くて難儀している時でした。

この画面下にあるメモリ解放ボタンを押すと少しの時間の後、メモリがどのくらい解放されたかが表示されます。以下がメモリ解放後の画面です。

メモリ解放後の画面

5%だったのが48%まで改善されました。

数値だけでなく、たしかにアプリの動作もスムーズになりました。

この効果は永続するわけではないのでまたちょくちょく動きが鈍くなる時もあるのですが、メモリ解放をするとある程度動作が改善されるような感じがします。

iPadやiPhoneの動作が鈍い時に試してみると効果があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください