「障害者・シニアの方にiPadを教える人財育成講座」第2期が青森市でスタート

会場の様子

「障害者・シニアの方にiPadを教える人財育成講座」第2期が青森市で昨日スタートしました。

第2期は9名の方に参加いただいています。うち約半数の方が以前にも講座を受講してくれた皆さん。中には人財育成講座が始まった6年前の第1回に参加してくれた方もいて、久方ぶりに受講していただいてとても嬉しく思いました。

また今期は以前に続いて青森県立保健大学の学生さんがたくさんお手伝いに参加してくれることになりました。聞けばこの日の皆さんは全員iPhone!iPhone歴の長い人もいて心強いとともに、準備から受講生さんのサポートまで幅広く活躍してくれました。

内容は先日八戸でスタートした第1期と同じですが、受講者さんから出てくるいろいろな質問に回答しながら楽しく進められたかなと思います。

UDトークを表示したiPad Pro

ちなみに青森市の受講者さんの中には、中途失聴の方がお一人いらっしゃいます。

相談のうえで試してみることにしたのがUDトーク。私のiPhoneで話した言葉を、受講者さんの手元に置いたiPadにリアルタイムで字幕として表示するアプリを試してみました。

ゆっくり正確に話せばそれなりの精度で表示していたようですが、あとで確認してみるとけっこう誤字脱字も多かったり。

字幕を補正する人なしでの情報保障にはちょっと厳しいかなとも思いましたが、受講者さん曰く「UDトークの文字で理解できる時もあるし、話している方の口や皆さんの反応と合わせて分かる部分もあります」とのこと。

せっかくの機会なので、UDトークや他の機能を講座でどううまく使えるか試行錯誤しながらやっていきたいと思います。

受講者さんの中でこうした方がいらっしゃると、自分も他の受講者さんも勉強になることが増えてとても嬉しいです。まずは初回お疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください