ビデオ通話のイメージ

ビデオ通話に字幕を付ける方法を 字幕アプリUDトークが公開

テレワークが推奨されるなか、ビデオ通話アプリを使ってやり取りをする機会が増えてきました。

一方で課題になっているのが、聴覚障害のある方にとって「ビデオ通話やテレビ会議の音が聞こえにくかったり聞こえない」ということです。

オンラインを介した会議であっても、基本的には会話でやり取りをすることが多いため、聴覚障害のある方にとっては会話の内容を理解できなかったり、発話が難しいと発言することも難しい場合があります。

こうした問題についてはメディアも取り上げています。

在宅勤務や時差出勤で、障害を持つ人たちが思わぬ困難に直面している。大阪市のベンチャー企業ミライロが調べたところ、「耳が聞こえずテレビ会議ができない」「ノンステップバスの本数が限られている」といった声が寄せられた。(中略)

聴覚障害者からは「テレビや電話会議に参加できない」「マスクの普及で、唇の動きを読み取って会話するのが難しい」。身体障害者からは「大きな声が出せず、テレビ会議だと声が届きにくい」「ノンステップバスの本数が限られ、時差出勤できない」といった回答があった。また、新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務を導入する企業は回答者の約4割、時差出勤は約5割にのぼった。

2020年4月2日 朝日新聞

一方で字幕アプリのUDトークでは、UDトークとWeb会議アプリのZoomを使い、ビデオ通話に字幕をつける方法が公開されています。

【まとめ】UDトークとZOOMでリアルタイム字幕 | UDトーク

この方法を活用すれば、発言の代替手段はさておいても、聴覚に障害のある方にもビデオ通話の恩恵が得られるかもしれません。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。