オンラインで診療を受けられるアプリ(iOS用)

テレワークやオンライン学習など、新型コロナウイルスの影響によって皮肉にも飛躍的に普及が進んだものがあります。オンライン診療もその中のひとつと言えそうです。

iPhoneやiPadなどiOSのアプリをダウンロードできるアプリ「App Store」では、オンラインで医療機関の診療を受けられるアプリが紹介されていました。

以下は各アプリについてApp Storeでの紹介文です。

CLINICS(クリニクス)

CLINICS医療のデジタル化を推進し、医療情報サービスを運営するMedley(メドレー)によるオンライン診療App「CLINICS」では、地域や診療科からオンライン診療に対応している医療機関をApp内で探せます。初診からオンライン診療を受けられる医療機関もあります。

オンライン診療ポケットドクター

「オンライン診療ポケットドクター」は、東京大学医学部附属病院の医師の互助組織を母体として設立されたMRT株式会社と、デベロッパのOPTiMが提供するAppです。1OSの「ヘルスケア」Appと連携して、Apple Watchやヘルスケア機器から取得した日々のヘルスデータを医療機関へ共有することも可能です。このAppを利用するには、医療機関から発行された「ポケドクナンバー」が必要です。

curon(クロン)

「curon(クロン)」は、データとテクノロジーを用いた医療ソリューションを提案する、MICIN(マイシン)が提供するオンライン診療Appです。1OSの「ヘルスケア」Appと連携して、Apple Watchやヘルスケア機器から取得した日々のヘルスデータを医療機関へ共有することも可能です。このAppを利用するには、医療機関から発行されたQRコード、または施設コードが必要です。

YaDoc

「YaDoc」は、テクノロジーを活用した医療システムを提供する、Integrity Healthcare(インテグリティ・ヘルスケア)によるオンライン診療Appです。

オンライン診療の実用化は始まったばかりですが、これからの時代に合わせてよい形で普及していくとよいですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。