青森明の星中学校「出張オープンスクール」を開催しました

画像:出張オープンスクールの様子2011年1月30日(日)、青森市のA-Factoryにて、青森明の星中学校「出張オープンスクール」を開催しました。

画像:お箏体験当日は午前・午後の部とも多くのお子様やご家族の方、A-Factoryに来場されていた一般の方も含めて会場にお越しいただき本当にありがとうございました。

内容は青森明の星中学・高等学校の学生さんたちによる様々なプログラムの紹介がメインでした。楽器の演奏や学校生活の様子をプロジェクタに投影しての紹介、ネイティブとの英会話、そして茶道・華道・筝曲の体験コーナーなど盛りだくさんの充実したプログラムでした。

画像:華道体験当日は雪の降りしきる悪天候でしたが、お陰様で多くの来場者の方にお越しいただき終始盛況でした。当日は無料での自由参加ということで、この日になるまでどのくらいの方が来てくださるのか、この企画を一緒に考えた実習生ともども不安に思っていましたが「やるだけのことはやったし、多分たくさんの方が来てくださると思う」と、自然とそう思って当日を待ちましたが、希望の通り賑わいのあるイベントになって本当に良かったです。

画像:新聞記事このイベントの告知をしたエントリーでも触れましたが、今回のイベントは今うちに実習に来ているインターン実習生の市前がメインで考え、青森明の星中学・高等学校様にご提案した企画でした。思い立ってから実行まで年末年始を挟んで1か月弱というタイトなスケジュールでしたが、無事にイベントを開催でき学校の先生方からも良かったと評価をいただけたことは大変嬉しく、実習の中でも特に大きな成果だったと思います。

努力の甲斐あってか東奥日報にも事前告知の記事を夕刊で大きく取り上げていただき、たくさんの皆様にご協力戴けてとてもありがたかったです。以下に記事文面を転載させていただきます。

青森/明の星中/私立中学の教育 広くPR/30日にオープンスクール/A
―FACTORYで/ネット中継も

 青森明の星中学校(笹木正信校長)は30日、青森駅近くの工房と市場の複
合施設「A―FACTORY」で出張オープンスクールを開く。同校の生徒が
総合的な学習の時間に学んだ華道、茶道、琴の演奏などを行い、希望者は体験
もできる。当日の様子はインターネットを通じて生中継される予定だ。

(小路口裕充)

 オープンスクールはA―FACTORY2階のイベントスペースで午前11
時20分~午後0時40分と同1時30分~同2時50分の2回開催される。

 生け花を披露する小原流家元准教授の資格を持つ同校3年の岡田優美さん
(14)は「花に対してどんな感情を持っているか伝わるように生けたい」と
張り切っている。

 笹木校長は「県内では私立中学校への進学はまだ一般的でない。学校でどん
な教育をしているか広く知ってもらい、進路の選択肢の一つとして考えていた
だければ」と述べた。

 また、当日の様子は、鶴田町のWeb制作会社エイチピースタイリング(高
森三樹代表)がインターネットサイトを通じて生中継する。

 アドレスはhttp://akenohoshi-os.hpstyling.com

記事にもあるように今回のイベントはUstreamでインターネットに生中継しました。「バリアフリーミュージックパーティー」「板橋かずゆきさんコンサート」の時に配信した時と同様、会場にインターネット回線が無い中での配信ということで今回も画質が若干低かったり途切れたりなどありましたが、こちらも多くの方に閲覧していただけました。コメントや感想をいただきありがとうございました。

告知のエントリーにも書いたように、Web制作をしている当方としては新しい試みを成功させることができ、とても有意義で楽しかったです。これからもこういった非Web系のイベントや仕事ができればそれも楽しいなと考えています。

それに今回のイベントは実習生(市前と当日ボランティアでお手伝いしてくれた雪田さん)の協力無しにはとてもできなかったことで、人が集まれば色々なことができると実感できた仕事でもありました。また楽しい仕事をみんなでできればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。