東日本大震災から7年

その時は仕事の合間に隣町のショッピングセンターに出かけていて、ちょうど店の入り口に入った時。急に店内の照明が点滅し始めて、その異様さに周りの人たちも焦りと混乱を感じていたのを覚えています。素早く入り口から店の外に出ると、地面が大きくゆっくり横揺れしていました。それが今まで経験したことがないほど長い時間に思われ「これはただ事ではない」と思い、急いで仕事場に戻りました。

家の電気も水道も止まったなか、家族で一晩身を寄せ合って過ごしました。災害の様子はiPadにテレビチューナーを付けて見ていました。翌日朝には思った以上に早く電気が戻りましたが、その後しばらくは不便 (といっても震災の大きな傷跡が残る地域からすれば微々たるものですが)をしながらの生活が続きました。

東日本大震災から7年経った今も、当時のことはよく覚えています。とはいえその傷跡を見る目も思いをめぐらすことも浅くなってきてしまっていると思うこともあります。人は忘れやすい性質をもっていますが、経験したからには忘れてはならないこともあると思います。当時に思いを馳せて、今とこれからのことを思索したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。