カフェのような雑音を流せるアプリ「Coffitivity」

Coffitivityアプリ画面メインの仕事場は自宅ですが、たまに図書館やファストフード店など外出して仕事をすることについては何度か書いています。

外に場所を移して仕事をする理由はいくつかありますが、一つには「人っ気 (ひとっけ)を感じていたい」ということがあります。自宅で仕事をしていると、会社勤めのように横の席の人から文字通り横槍を入れられたりなどといったいわゆる「妨げ」の心配はあまりないのですが、逆に何もないとかえって寂しい感じになったりすることがあります。人とのつながりがないというのは、良い面もあればそうでない面もあり難しいところです。

基本的に一人時間が好きな自分でも、まったく人っ気がない部屋で一人仕事をするのがなんとなく落ち着かないということがあります。

そんな時に、カフェや雑踏の中にいるような雑音をBGMとして流せるアプリがあることを知りました。いわゆる「ホワイトノイズ」系のアプリです。

Coffitivity」というアプリで、カフェでたくさんの人がガヤガヤと会話をしているような音を延々と流してくれます。海外のアプリということもあって、流れてくる音の中の会話も外国語のような感じがします。

日本語の雑音よりも外国語のそれの方が、雑音という点では良いと思います。音はいくつかの種類があり (あまり区別がつきませんが)、またスマホ内の曲を流しながら雑音も流せるようになっています。

アプリを見つけたばかりなのでまだ仕事中に使っていませんが、早く試してみたいと思います (なら仕事すればいいのに)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください