iPhoneの音声入力でメモした文章を即Macにコピペとか、連携機能は便利

iPhoneとMac

数年前からPCのメイン環境をウィンドウズからMacに移行しました。

ウィンドウズを主に使っていた期間が長いので、最初はMacの機能やインターフェイスに慣れるのに少し苦労しましたが。今はだいぶ慣れました。

慣れてくるとMac独特の機能がかなり便利と感じる時があります。連携機能と言われる一連の機能がそれです。

例えばユニバーサルクリップボードという機能を使うと、iPhoneで作成した文章やコピーしたものを、即座にMacに取り込むことができます。

この文章もiPhoneのメモアプリに音声入力したものを用意しておいて、全文をコピーすると自動でMacに貼り付ける項目が表示されます。

画像なども写真の共有機能などを使っていればiPhoneMacそれぞれの写真アプリで同じものを共有することもできますが、共有の同期にかかる時間が待てないという場合でも、指定した写真を即送るといったこともできます。

ホームページなどもiPhoneで開いているページを即Macのブラウザで開くといった使い方もできます。わざわざURLを打ち込んだり検索してページを探す必要もありません。

慣れてくると自然に使っていましたが、ウィンドウズを使っていた頃にはなかった機能なので、ごく当たり前にとても便利なものを使っていたことに最近気づきました。

ウィンドウズを使っていた頃はウィンドウズの様々なソフトを駆使して便利な環境を作ってもいましたが、MacではMacなりに良い機能があるので、それらをもっと活用していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。