久しぶりに117(時報)を使ってみて感じたこととか

117に電話したときの画面ちょっと前にYahoo!ニュースで117についての記事を見かけました。

最近は3桁の電話サービスに電話をかけて利用する事はめっきり少なくなりました。なので117が何のサービスだったかパッと出てきませんでした。

ちなみに117は時報。似た番号の177は天気予報をそれぞれ聞くことができる有料サービスです。

時報のサービスはめっきり利用しなくなったものの、小さい頃はたまに利用して時間を確認していた記憶があります。

当時は電波時計のようなものがありませんでしたし、テレビの画面の端に表示される時刻も、常に表示されているわけではありませんでした。

家の時計は時間が少しずつ遅れることが多かったので、時計の時間を合わせるために時報を聞いたことを覚えています。

現在ではスマホや電波時計がありますし、昔のように正確な時間を確認する方法はたくさんあって便利ですね。

ちなみに117は視覚障害の方や年配の方などの利用が多いそうです。

全盲の方の中には腕時計の針を指で触れて時間を知る方や、携帯電話の音声読み上げ機能で時間を確認する方をよく見かけます。

一見すると電話をかけて時報を聞くことの方が手間がかかるし難しいのではと思うかもしれませんが、固定電話やガラケーなどはボタンに凹凸があるので、全盲の方は指で操作がしやすい場合があります。

いずれにしても使い慣れた方法や機器で操作した方がストレスも少ないと思います。

一昔前の機能やサービスの中には、現代の私たちがほとんど使わなくなったようなものもありますが、そういったものが当時なぜ便利に使われていたのか、また使われなくなったのかを考えてみることは、意外に役に立ったり発見があったりするかもと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください