米アップルの開発者向け会議「WWDC 2019」でiTunes終了が発表

Apple Events Apple Special Events Apple

米アップルの開発者向け会議「WWDC 2019」が始まり、かねてから噂されていたiTunesの終了が発表されました。

iPad用の新OS「iPadOS」なども気になるところですが、老舗ソフトのiTunesが終了するということで時代の流れを感じるところでもあります。

今でこそほぼ使う出番のないソフトになってしまいましたが、初期のiPadではiTunesが必須だったような記憶があります。

何よりiPadやiPhoneの復元作業をするためには今でも使っており、「めったに出番はないけどいざという時には欠かせない」ソフトの一つだったりしたので、今後の代替手段をどうするのか考えておく必要がありますね(大容量のiPhoneやiPadの復元をクラウドで行うのはちょっとやる気が失せそうなので)。

余談ですがApple Pencilのレイテンシーが20msから9msになるそうで、今ですら満足しているPencilの性能はまだアップするのかと驚いたりしているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください