iPhoneでバッテリーの劣化状態を確認する方法

バッテリーの状態(ベータ)画面

スマホを長い期間使っていると「最近充電がもたなくなってきたなー」と感じることがあると思います。それはバッテリーが劣化しているからかもしれませんが、iPhoneではバッテリーの劣化状態を確認できる機能が付いています。

「バッテリーの状態」を確認できる機能は現在ベータ版ですが、以下の手順で確認することができます。

「設定」アプリを開き、メニューの中から「バッテリー」をタップしてバッテリーの画面を表示すると、中央辺りに「バッテリーの状態(ベータ)」があるので、そこをタップすると上の画像のような確認画面が表示されます。

上の画像は私のiPhoneのバッテリー状態を表示していて、最大容量100%と表示されているのを見ると、まだ劣化はしていないようです。

バッテリーの状態画面が表示されない時は、iOSが最新のものになっているか確認してみてください。

ちなみにiPadではバッテリーの状態は表示されなかったので、今のところiPhoneのみの機能のようです。

余談ですが「バッテリー」画面ではこの他にも、アプリごとの使用率や使用時間も確認することができます。

どのアプリに自分がどのくらい時間を費やしているのかなど見てみると、いろいろ発見があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください