iPhoneやiPadの動作が重い時はiCloudの容量に余裕があるかチェック

iPadのiCloudの画面

iPadの動作が鈍い時にチェックしたいことをこれまで何回か投稿してきました。

いずれも試してみて動作が改善することもあるのですが、また元に戻って鈍くなる時が多く、根本的な解決にはつながっていませんでした。

しかし、今回試したものは今のところ効果を継続的に感じることができています。

それは「iCloudの容量に余裕を持たせる」ことでした。

私はiCloudをiPhoneやiPadだけでなくMacでも共有して使っています。

最近そのMacでファイルを整理していた時「iCloudの容量が少なくなっています」という表示が現れたことがきっかけでした。

その時使っていたiCloudの容量は200GBでしたが、限界容量までかなり迫っていたのでどうしたものかと考え、試しに2TBのプランに変更してみました。

効果を実感したのはプランを変更してから数日経ってから。それまで時折もっさりしていたiPadの動作が機敏になり、以前のように鈍くなってしまうことがほぼなくなりました。

たまたま他の何かと合わさって改善した可能性もありますが、iCloudの容量に余裕を持たせたことには効果があったように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください