AirDrop地味に便利

AirDrop

MacやiPhoneなど、Apple製品間でデータをBluetooth経由で送受信できる機能「AirDrop(エアードロップ)」が地味に便利です。

AirDropの機能自体はかなり前から実装されているのですが、あまり使う機会がないという方もいると思います。

自分もそう頻繁に使っている方ではなかったのですが、最近になってよく使うようになりました。
やはりPCをWindowsからMacにしたこともあり、MacからiPhoneへ、もしくはiPadからMacへ写真やデータを送る作業が、AirDropを使うことによってスムーズになったのが大きいかもしれません。

ひと昔前であればUSB経由か、最近ならクラウドサービスにアップしてダウンロードという方法もあると思いますが、OSレベルで実装されたAirDropは標準機能として即データのやり取りができるので快適です。

昨日は家族に頼まれて、PCの動画をiPadに入れて外出先で使いたいという希望があったので、AirDropを使って対応しました。

こうした、実は普通にあるけど意外と使っていない機能というのはたくさんあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください