9/29~10/8までお休みをいただきます。

france
前回お知らせしていたとおり、9/29から10/8までお休みをいただきます。
行き先はフランスで現地でのネット接続はしない予定ですので、メール等のご返信が遅れると思います。

向こうではヴェルサイユ宮殿やルーブル美術館、パリ市内や個人的に最も楽しみにしているモンサンミッシェル等を見学してくる予定です。

フランスで吸収した様々なものを今後の仕事に生かしていければと思っております。
ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

日本国内の検索シェア、ヤフーが47.4%、グーグル35%

google_logo
調査会社comScoreが発表したところによると、日本国内の検索シェアにおいてヤフーが47.4%、グーグル35%という調査結果が出たそうです。

海外の検索エンジン市場ではYahooよりもGoolgeが圧倒的な人気を誇っていて、Yahooのユーザ数が多いは日本独自の傾向とこれまで言われていました。が、この調査結果から見るに、いよいよ日本の検索エンジン市場においてGoogleがYahooの牙城を崩しつつあるのかなという感じがします。

Yahooが検索エンジンのシステムを人力に頼るディレクトリ型からロボット型(アルゴリズム型)に変更したのは、より精度の高い(ユーザのニーズに合った)検索結果の表示を実現するために他ならないのですが、実際のところディレクトリ登録されたサイトに対して順位の高評価を与えていることは事実なので、その辺りでもGoogleに比べて若干検索結果の順位に対する信頼度がどうかなという感じがします。

ディレクトリ登録には一般企業サイトであれば5万ちょっとから登録できますが、健康食品など特定のカテゴリについてはより金額が高く、Yahooにとっては大きな収入源ともなっているので、ディレクトリ登録されたサイトをある程度優遇するというのはYahooにとってやむを得ないのかもしれません。ですがやはりこれは検索結果の精度を求めるユーザにしてみればあまり歓迎できるものではないと思います。ついでに言えば個人的に普段使う検索エンジンはやはりGoogleだったりします。

無料でライブ映像が配信できるサイト

ustream.tv
ライブカメラで地方の様子をライブ配信…といえば、青森だとI love 青森まるごとViewがよく知られているかもです。ちょっと前までネットでライブ映像を配信するというのは、配信する側も見る側もちょっと手間かかったりしてたと思うのですけど、最近はすごく簡単になったようで、ウェブカメラとネットにつながったPC環境さえあれば気軽に誰でも無料で映像をライブ配信できるサービスが増えています。

自分の知っているところではUstream.tvOperator11Stickam(Stickamは日本語サイトもあります)、blogTVなどがあって、どれも無料で気軽にライブ映像が配信できる機能はもちろん、ライブ映像を記録できたり、ライブの模様をブログに貼り付けられたりなど、それぞれに特色があるそうです。

自分が実際に試してみたのはUstream.tvで、ユーザ登録から実際のライブ映像配信までの手順はネットから適当に見つけてやってみたところ、確かに驚くほど簡単にライブ映像が配信できました。なかなか感動ものです。

ちなみにその時流した映像はうちの部屋の洗濯物だったのですけど(笑)、引越ししたら津軽富士の岩木山のライブ映像配信でもやろうかなと思っています。

YahooがYSTのインデックスをフルアップデート(検索順位の大きな変動)

Yahoo
本日Yahooのサーチエンジンシステム「YST」が、インデックスをフルアップデートしたとのことです。
これにより検索順位の比較的大きな変動が起こるようです。

インデックスのアップデートについては細かい変動は日々行われているようですが、今回公式なアナウンスでのフルアップデートということで、Yahooでの順位の変動が大きいサイトもあるかもしれません。気になる方はぜひサイトの検索順位をチェックしてみてください。

個人的には管理しているサイトの中でそこそこ順位を上げたサイトもあったので(15位→6位程度)一安心しつつ、フルアップデートの直後しばらくは順位の激しい変動が続くという情報もあるので少し長い目で見守りたいと思っています。

Firefoxのパスワード保存機能に注意

Firefox
ネットを見る時使うブラウザソフトでFirefoxがあります。とっても多機能で便利ですし機能拡張すれば更に色んな機能を追加することができるんですけど、一点危険な機能が付いてるのでちょいメモ。

例えばMixiに参加している方も多いと思いますが、Mixiは会員制サイトなので使用するためにIDとパスワードが必要です。毎日Mixiを見てる人であればログインの保持機能が効いて毎回IDとパスを入力する必要がないので忘れがちですけど、IDとパスワードはブラウザ内にちゃんと保存されている状態です。

ここで怖いのが、FirefoxにはIDとパスワードを閲覧できる機能があるということです。「ツール」→「オプション」→セキュリティタブ内にある「パスワードを表示」を辿っていくと、IDだけでなく普通は****で表示されるパスワードまでもが普通に表示されます。

これが自分専用のPCであればまだ良いのかもしれないですが、例えば不特定多数が使用するPCのブラウザがFirefoxで、かつパスワード保持機能がONしていた場合、そのPCで使用したIDやパスワードが誰にでも見れてしまうということにつながります。

先日Mixi内で薬物取引という事件がありましたが、これは容疑者がmixiで知り合ったユーザを自宅に招いた時になんらかの形でIDとパスワードを搾取したのが関係しているのではないかと言われています。MixiのIDはメールアドレスなのでこちらはともかく、パスワードを搾取する方法において Firefoxの上記の機能を悪用すればたやすくパスワードを得ることができます。

ということでたくさんの人が共有するPCのブラウザ設定には注意が必要だと思います。
とりあえずFirefoxを使用する場合はパスワードの保持に注意した方が良いと思います。
※もちろんですが、パスワードを記憶する機能を外しておくこともできます。

「検索で上位」のはずが…SEO業界団体に苦情続々

seo
読売新聞 関西発カテゴリでSEOについてのニュースが取り上げられていました。「検索で上位」のはずが…SEO業界団体に苦情続々(現在はページが表示されないようです)。

記事の内容は、「○○というキーワードで御社のサイトを上位○位以内を保証します」的なサービスをうたうSEO業者に企業がSEO対策を依頼したところ、それまで16~40位だったホームページの順位が上がるどころか、300位以下に下がってしまったというものだそうです。検索順位保証をうたったSEO業者は専用のソフトを5年リースで契約させたとのことですが、順位を上げるどころか大幅に下げてしまう結果となってしまったそうです。順位を下げられた企業はクレームをつけたものの、当のSEO業者は「検索エンジンの上位表示を100%保証していたわけではない」と逃げているそうです。

SEOという言葉が生まれて数年経ちますが、ある程度SEOについての知識を持っていれば、検索結果の上位表示を100%保証できる術などないことは分かっています。が、一般ユーザはSEOについて「検索エンジンで自分とこのホームページを上位表示できる魔法の裏技」という誤った認識を持たれている場合も少なくありません。私がクライアントからSEOについて聞かれた際は、上位表示の保証が確実ではないことを明確に説明するようにしています。

前回のエントリーでも紹介しましたが、YahooやGoogleなどの各検索エンジンは検索結果の最適化のために、不正な順位上げを図るサイトやサービスを厳しく取り締まる動きを見せています。ホームページのSEO対策を外部に発注する際は、発注先の業者にどのようなSEO対策を施すのか十分説明を受けた方が良いと思いますし、またその方法が正しいものかどうかをできる範囲で確認した方が良いと思います。

Googleが有料リンク販売サイトの報告フォームを設置

google_logo
久しぶりにSEO系のネタです。最近SEOという言葉、もしくは検索エンジンでの上位表示について一般のクライアントから質問・依頼を受けるケースが増えてきたという感じがしています。

そんな中、好ましくない方法でSEO効果を図っているサイトが増えていることについて、Googleが警告を発しています。以下Googleからの引用です。

Google では、ユーザーによりよい検索結果を提供するため、ユーザーと検索エンジンにとって分かりやすい明瞭なコンテンツを作成するようお願いしております。しかし、すべてのウェブ サイトがユーザーを考慮して作られているわけではありません。自身のサイトへの有料リンクという形で PageRank™ を「買おう」とするサイト所有者もいます。リンクの購入による PageRank の向上は、Google の 品質に関するガイドラインに違反します。Google ではアルゴリズム的手法を含むさまざまな手法により、有料リンクを検出しています。また、ユーザーからのご報告も参考にさせていただいております。リンクの購入や販売を行っているサイトをご存じの場合は、ぜひ下記にご記入の上、お知らせください。送信内容を調査させていただくとともに、お送りいただいたデータを有料リンクの検出アルゴリズムに役立たせていただきます。

不正にリンクを獲得しているサイト情報をユーザがGoogleへ報告することにより、検索エンジンアルゴリズムのチューンナップを図るということのようです。不正サイトと報告されることによってすぐさま検索結果から除外されるようなことは無さそうですが、そのうち検索結果の変動へとつながっていくのだと思います。

実際ビジネスに直結するようなビッグキーワードで上位表示されているサイトの中には明らかにおかしいリンクを獲得しているサイトもあります(業種と全く関係ないサイトからのリンクなど)。これまで検索エンジンのアルゴリズムは、ユーザが本来望む検索結果を正しく順位づけて表示するように日々改良され続けてきましたが、ユーザからのフィードバックという非プログラム的要素を生かそうというのはWeb2.0ぽいといえばそんな感じですね。

一ユーザとしても制作側としても今回のGoogleの発表は歓迎するところですが、気になる問題としては今後Googleがどう検索エンジンのアルゴリズムを改良して不正なサイトと判断するかの基準です。もしかしたら不正と感じずに制作したHTMLが不正とみなされ順位を落とす可能性もあるかもしれません。これは例えばアクセス解析やブログパーツなど、本来サイト運営の補助的な機能を追加した場合には外部へのサイトリンクが張られることになる場合があるので、良いと思って設置した機能がSEO的にマイナスとなる可能性が考えられます。

ということで歓迎しつつも警戒したりしています。今後の動向に注目ですね。

Google-hack gadget その他メモ

google_logo
この前ハックに使えるGoogleのツールをいくつか紹介したんですけど、Firefox+Googleツールバーは結構いい感じです。Firefoxがちと重いのが気になりますけど、RSSリーダーもGoogle Readerに統一して、自宅とモバイル共通にしたので効率的に見て回れます。ついでにGoogleブックマークも使ってお気に入りも徐々に統一しつつ便利になるよう色々試し中です。

で、自分の好みのトップページを作れるiGoogleには、自分の好みの機能を持ったツール(ガジェット)を選んで組み込めるんですけど、これもかなり便利。今月のWeb Creatorでもガジェットの特集が組んでありましたけど、ガジェットは間違いなくこれから来ると思います。iGoogleに組み込むタイプのガジェットはブラウザ内で機能するものですけど、デスクトップ用ガジェットも出てきてて制作方法も公開されています。ニンテンドーDSやPSP、WiiなんかでもサイトやFLASHが閲覧できるようになってきたことと関連付けると、もう「サイト制作」という括りで考えてたら時代遅れな感じがしてきます。

個人的には自分の仕事はサイトを作ることというよりも、クライアントの目的を達成するお手伝いをすることなわけで、HTMLを組んで綺麗なページを作ることとは根本的に違うと思ってます。どこかで「WebのことしかしらないWeb制作会社は害」という一文を見かけたんですけど、自分も全くそう思ってて、Webの枠でしか物事を考えられないとクライアントに損をさせるというか、幅が狭い提案や企画しかできないと思います。色んなメディアの特性を知って、それらと絡めた思考は当然必要だと思います。自分自身もただHTMLやFLASHを組むだけではなくて、企画を依頼されれば資料を集めてマーケティングをするようにしてますしね。

と同時に、どんどん進化するWebの技術を把握しておくこともとても大事だと思ってます。上記で言ったデスクトップ用ガジェットや、ブラウザ以外のプラットフォームで動作させることとか、ブラウザの枠を飛び越えた事例がどんどん出てくると思います。Wiiなんかはコントローラーを振ったりすることで動作が起こる新しい機能を持ってますけど、ああいう特殊な機能とWebの技術をマッシュアップしたものとかも出てくると思いますし、実際もう模索されてるはずです。

他には手でコンテンツを扱えるMicrosoft Surfaceなんかも。映画「マイノリティー・リポート」を見たことがある人はなんとなく分かるんじゃないかなと思うんですけど。これのポイントは多点入力が機能すること。普通のFLASHアプリケーションなんかだとマウスで一箇所をクリックすることしかできないんですけど、これは複数の入力を感知できるのでより操作性や機能が向上したものが出てくるんだと思います。

つらつらと珍しく長文を書いたのですけど、要はWebの技術だけにとらわれない考えを持ちつつ、Webの進化にはついていって仕事に生かせるようにしたいということでしょうか。そのうち「ホームページ制作会社」という肩書き自体が滑稽な言葉になるかもですね。ひょっとしてもうそうなのかな。個人的には個人のまま仕事していきたいですけど、色んなスキルや技術を持った会社や個人の方とドリームチームを組んでいい仕事ができたらなと思ってます。

こうやってある程度文章にするといい練習になるというか、論理付けて考えを整理できるし、ブログってばやっぱりいいですね。

ライフハック

google_logo
最近本屋でよくハック系の本を立ち読みします。

自分が初めて「ハック」という言葉に触れたのは多分仕事柄CSSハック(ブラウザごとの諸問題に対応するための裏技的テクニック)だったと思うんですけど、その後ライフハック(効率良く仕事をこなし、高い生産性を上げ、人生のクオリティを高めるための工夫。はてなより)という言葉も知ったりして。んで本屋に行ったらTIMEハック・アイデアハック・プランニングハック・Googleハックとかもうライフハック系の本がいっぱい。結構興味がわいてちょこちょこつまみ読みしてはふんふんと思ったりしています。

なんでライフハックに興味が湧いたかといえばもっと有効に時間を使いたいと思い始めたからで、裏を返せば今の時間の使い方が超下手なとこを直したいと思ったからで。とりあえずGoogleツールを色々活用するように試み中です。

実際に使ってみてるものはいくつかあって、Googleカレンダーは使いやすさもいいのですけど、予定をケータイにメールでお知らせしてくれるのでプチ確認にいい機能です。スケジュールを他のユーザと共有することもできて便利です。まだ共有したことないけど。

iGoogleは自分専用のページを作ることができて、ニュースをサラサラッとまとめてチェックできるほか、メモ帳や時計など様々なガジェットを追加して自分好みのトップページを作ることができます。個人的にはちょっとしたToDoリストをつけて確認できるのがプチ便利です。

Googleブックマークはネット上でブックマークを保存して使えるので、自宅と外出先で同じブックマークを使いたいときは便利ですね。外出時は資料収集用にちょこちょこ使ってます。ただSleipnirで使いにくい。IEやFirefoxだとツールバーをインストールできるので使いやすそうなんですけどね。なのでFirefoxの方もちょっといじり中。

WordやExcelのような文書作成や表作成ができるDocs and Spreadsheetsは意外と使ってないです。WordとExcelでとりあえず足りますしね。でもいざという時にはネットカフェなんかで一連の書類を作れることを考えると便利なのかもですね。

そーいえば一番活用してるのを忘れてた(笑)。Gmail。今ではデフォルトのメールとして大活躍。PC・ネット・ケータイでメールチェックや送信ができるのはかなり便利です。添付ファイルをケータイでも多少チェックできるのも良かったりするかもですね。チェックしたことないですけどね。

まだ使っていないのがGoogle Reader。RSSをネット上でチェックできるのは魅力的ですね。自宅と外でPCを使う人には重宝しそうなんですけど、ネットで共有できるRSSリーダーは色々種類があるようなので他もちょい考えてみたいですけど、どうせならGoogleで統一した方がシンプルかなぁ。

そんなこんなでより効率的な仕事の仕方を模索中です。あと効率的な資料の探し方も。
と思っていたら青森県立図書館でビジネス情報提供サービスが開始されるそうなので、時間を見つけて話を聞いてこようかなと思っています。

work 2007/5/14 – 5/19

リニューアル中

あっという間に1週間。記録代わりに振り返り。主に打ち合わせと図書館めぐり。

月曜日。午前、某医療系サイトリニューアルの企画書完成させ先方に報告。今回はマーケティング資料もかなり収集して基礎データからかっちり仮説・考察を反復。来週プレゼンのアポを取り付ける。午後スクール終わり夜ちょこちょこ制作。

火曜日。午前、某代理店に急遽呼ばれて打ち合わせ。ある巨大企業への企画を提案中とのことで、WEB部分のサポートを依頼される。企画自体はほとんど採用されているとのこと。優れた提案力もさることながら、他競合の弱さも際立つ様子。いずれにしても人と人とのつながり具合は大切。ベテランの方の経験則は大きい。午後、某住宅建設会社サイトリニューアルの打ち合わせ。社長と担当者の方を交えて2時間程ヒアリング。正直に良い悪いを言うことで先方の要望の肝が見えてきた気がする。イメージ的には自分がもっていた既成概念を破る中身。無茶だと思った先方の要望をも取り込んで、ターゲットとクライアント双方が満足できるモノにしたい。後日企画書提出予定。

水曜日。某企業のサイト制作を依頼されて打ち合わせに訪問。驚くことに担当の方はこちらがお願いしていたわけではないのにRFP(提案依頼書)的な資料を自主的に用意してくださっていて感動。内容も必要な事項を網羅していてとても分かりやすい。RFP自体を最初から用意してもらえると打ち合わせの時間も省け、ヒアリングする内容もすでにほぼまとまっているので楽な分、他の話もできる。いい提案ができるようがんばります。午後は組合の打ち合わせ。

木曜日。朝からいつもより長めのスクール。順調に進んでいく生徒さんもいれば苦戦しながらがんばっている方もいて様々。でも皆さん一様に意欲が高いので自分もその分パワーを注ぐ。がんばってレベルアップしましょ~。夜、某アートプロジェクトサイトの打ち合わせ。今回は今までよりも作業量や変更点が多いが、先方の要望がかなり固まっているのでやりやすい。

金曜日。某代理店へシステム開発についてブレーンとともに打ち合わせ。やっぱり専門性のあるブレーンがいると助かる。みんなでいいもの作りましょう。

今週は打ち合わせウイークだったので、平行して図書館に行って資料集めにも奔走。県立・市民・大学の図書館と3つを見て回って、クライアントの業務に合わせた資料を借りてできる範囲で基礎勉強。クライアントの業界について無知で打ち合わせに向かうのも、それはひとつ有りな面もあると思いつつ(クライアントにとって一般ユーザである自分の知識や認識がそのままターゲットユーザへの訴求点になる場合もある)、それでもある程度の知識をストックしておいた方が打ち合わせに活かせるし、より深い話ができると思う。今まではなるべく本屋で資料を買うようにしていたが、さすがに打ち合わせが増えて業種が多様になると予算のこともあるので図書館を頼ることに。情報収集をネットだけで済ませるのはあまり好きではない感じ。

母校の大学図書館は意外に良い本がたくさんあって良かった。学生時代には気付かなかったけど、今見ると宝の山。図書館の職員の方も当時の方がいて、うっすら自分のことを覚えていてくれて嬉しい。実はこの図書館は昔のバイト先でもある。それは置いておいて、学生が図書館内のソファーで横になって寝ているのに驚く。去年韓国の留学生に大学の今の話を聞いた時も、前より学生の質が落ちていると聞いてぐんにゃりしたけどますます落ちてるのか。もちろん頑張っている学生もいるのだろうけど、20超えた成人が図書館で横になって寝てるのは正直恥ずかしい。授業サボって外で遊んでる方がまだマシ。

とにもかくにも図書館でごっそり資料が集められて良かった。毎月書籍代はそれなりにかけてるものの、これを全部買ってたらさすがにもたない。ありがたや。

Webデザイナーの思索・インターネット・社会見聞・読書等々日記